2022年度 入学式・第1回授業

 <入学式>

 2022年度の入学式が6月12日、横浜市立大学金沢八景キャンパスのカメリアホールで行われました。開校8年目の今年は、横浜市内外48の小学校から4年生27人、5年生31人、6年生35人の計93人が入学。この日は、81人が出席しました。

 式では、大年美津子理事長が、「みなさんはいつもは小学生ですが、今この場では大学生です。通常は小学校から中学、高校と段階を踏んで大学生になるわけですが、この子ども大学で少し先回りして、大学とはどんなと

             ころなのかを少しでも理解できるようになるといいなと思います」と新入生を歓迎。続いて榊原洋一学長が、

             「皆さんが通う小学校では、もうすでに知っていること、わかっていることを学びます。大学は、それに加え

             て、まだ誰も知らないことを勉強し研究します。自ら進んでこの大学に集まったみなさんには、想像力と探求力

             を身につけて未知の課題を解決し未来の世界を創る人になってほしい」と激励しました。

              今年度は来年2月まで、薬の作用や中華街の歴史などについて学ぶ計5回の授業が予定されています。                

 第1回授業 「国際医療協力のおはなし」

 6月12日(日)14:30~16:30  横浜市立大学カメリアホール(横浜市金沢区)

 講師:子ども大学よこはま 学長 榊原 洋一先生

    (チャイルドリサーチネット所長、お茶の水女子大学名誉教授、日本子ども学会理事長、医学博士)

 受講者:81人(4年生27人、5年生25人、6年生29人)

 

              2022年度の幕開けの授業は、学長の榊原洋一先生による「国際医療協力のおはなし」。

             パキスタンやネパール、ガーナなど、先生が実際に医療協力で訪れた国々の医療の実情を写真やエピソ

             ードを振り返りながら学び、本当の国際協力のためにどんな支援が必要なのかについて考えました。

              先生の講義の概要を以下に紹介します。

 

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

              世界にはいろいろな国があります。医療をとってみても、国によってはお医者さんがいるがその数が

             少ないとか、薬や医療機器が十分でないとか、国ごとに事情があってみな同じではありません。この

             日本は世界で一番恵まれている国です。

             ー乳児死亡率でみる世界の医療

             日本の乳児死亡率(出生数1千人当たりの生後1年未満の死亡数)の推移をみてみます。1899年のデー    

             タですが、最初は150人ぐらい。生まれた赤ちゃん1千人のうち150人が1歳の誕生日を迎える前に亡く

             なったということです。1919年はスペイン風邪の流行で200人近くに上りました。それが、だんだん

             衛生状態がよくなり医療技術の進歩もあって減少し、今ではほとんどゼロに近づいています。生後4週

             間までの新生児死亡率は2017年で0.9人です。

             それでは他の国はどうかというと、日本の0.9人に対し、韓国は1.5、アメリカは3.7、中国は5.1で

             す。もっと見ると、ネパールは58、アンゴラは131、アフガニスタンに至っては143という日本の明治

             維新のころとほぼ同じ数値です。

              なぜこんなに違いがあるかというと、アフガニスタンは長い内戦があり、病院も医師も少ないので

             す。交通機関もないので、病院に着くまで命がもたないということもあります。アメリカも結構数値が

             高くなっていますが、これには全人口2.5億人のうち2千万人が医療保険に加入していないという事情が

             あります。医療費が払えず、病院にかかれないのです。アフリカの国々でも医師はちゃんと勉強してい

             ますが、数は圧倒的に少ない。

             医学の知識は世界中同じなのですが、このようにさまざまな事情で医療を受けられない人がまだまだた

             くさん世界にはいるのです。国際医療協力はこうした現実を踏まえて、世界中のだれもが医療の恩恵に

             与(あずか)れるようにしよう、そのためにみんなで助け合おう、ということなのです。

ー海外の医療の実態

 1976年夏に登山隊の随行医師としてパキスタンに行きました。パキスタンの新生児死亡率は45.6です。北部の村に滞在していた間、現地の住民が「診察してほしい」とやってくるのですが、私の聴診器を珍しそうに見るのです。聞いてみると「この村で病院にかかったことのある人は一人もいない」と言います。驚きました。人の命を救う仕事に国境はないはずだと思っていましたが、実は国境は存在していたのだとパキスタンで痛感しました。

              ネパールには国際協力事業団(JICA・現国際協力機構)の仕事で行きました。

             病院や保健所をきれいにする、近代化するのが目的でした。この活動は5年間続きましたが、支援が終    

             わる時、これからは「どこからお金をもらえばいいか」と尋ねられ、複雑な思いをしました。

              ベトナムでは教育と健康の関係について考えさせられました。ベトナムはかつての指導者が教育に力

             を入れたこともあって国民の多くが字を読める。開発途上国の中では識字率は非常に高いと言われてい

             ます。実は、字を読めない人の率、特に母親が字を読めない率と乳児死亡率は比例しているのです。字

             が読めることで子どもの健康に気づく知識を持てるということです。

              アフリカのガーナには14回行きましたが、100床の病院に医師は1人だけ。冷蔵庫はなく、そもそも

             電気が来ていない。低温で保存するコールドチェーンの仕組みがないからワクチンを送ってもすぐだめ

             になる。ワクチンが打てないから麻疹(はしか)が大流行しました。 

             ー真の国際医療協力とは

              国際医療協力は、医師の派遣(はけん)や薬などの協力に限らず、いろいろな面で行わなければなり

             ません。

              生まれたばかりの赤ちゃんのへその緒に土を擦り付けるような因習が残る国もまだあります。健康に

             ついて正しい知識を伝えていくことが大事です。生活を支えるための仕事を身につけさせるという支援

             もあります。ガーナでは日本から送られた中古のミシンを使って母親たちに裁縫(さいほう)を教える

             取り組みが行われました。手に職をつければお金が稼げます。生きるうえで必要な教育や物資の寄付、

             その他さまざまな援助も国際医療協力に必要なものなのです。

              SDGsの取り組みは17の目標を掲げ「誰一人取り残さない」と誓っています。目標の3番目は「あら

             ゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」です。世界一の健康国に暮らす私

             たちに何ができるか、しっかり考えていきましょう。