1.授業・イベントのお知らせ

宇宙人っていると思う?

4回授業のお知らせです。

日時:117日(土)14:0016:00

場所:横浜市技能会館ホール(JR関内駅から歩いて5分)

 「宇宙人ってほんとうにいるの?」

講師:平林 久 先生JAXA名誉教授、NPO法人KU-MA子ども・宇宙・未来の会 会長)

 

――火星に水があったかもしれない、もしかしたら生命が存在するかも――

最近の宇宙探査で、地球外生命体ににわかに関心が高まっています。

平林先生も、ずっと宇宙人を探していたひとり。

どうやって? 可能性はあるの? それは授業のお楽しみ。

さて、今週はノーベル賞のニュースでにぎわっていますね。

スプーン1杯の土から、多くの人々を救った薬が誕生――私たちの安全で快適な日常生活が、何万という科学者たちの地道な研究に支えられていることに、あらために感謝したノーベル賞のニュースでした。

平林先生も、長年、電波天文学に取り組んでこられた科学者です。やさしい語り口で、宇宙教育にも熱心でいらっしゃいます。

学生の皆さん、11月7日の授業でお待ちしています。


2.授業レポート

2016年第5回授業

2016年第5回授業を横浜商科大学において開講しました。授業テーマは「バザール・イン・横浜商科大学」でした。初めの30分は商売、POP、接客に関する基本的な講義です。

その後は5人程度のチームに分かれパティシエ桜井さんの作った「しあわせのブッセ」を売るバザールゲームです。最初に販売会議として、店名を考え、決まった店名で看板を作成し、「しあわせブッセ」を多く売るためのPOP作成を行います。店名として「菓志」や「しあわせショップ」等々学生の柔軟さが滲んでいました。

どのグループが最も売るかのゲームです。バザールゲームがはじまると、お客を呼び込んだり、店頭での接客活動をしたりで大いに盛り上がりました。

最後には校庭にでて、全員の記念撮影を行いました。

By Aki

2016年第3回授業

2016年第3回授業を開催しました。

外気温が35度の酷暑の中でしたが、学生、研究生合わせて約50人が出席しました。

講義は中村實全日本プロバス協議会会長を先生による「横浜の鉄道の歴史」についてでした。鉄道年表等を使っての講義を熱心に聴いてもらいました。

講義の後半では、自分の路線図を作成する作業もあり、楽しく受講してもらえたと思っています。

By Aki

2016年第2回授業

2016年第2回授業を開催しました。

今回はシルク博物館においてシルクに関する体験・見学授業でした。

雨にも関わらず、全員で54名の参加がありました。

事務局メンバーは受付、室内案内等の業務を行いました。

終了後に学生から提出されたアンケートによれば54名中48名がシルク博物館に興味を持ってくれました。

予想以上の結果に事務局メンバーもうれしい限りです。

By Aki

2016年第1回授業

子ども大学よこはまの2016年度の第1回の授業のテーマは、
「ロケットの歴史と太陽系の探査」。でも、気になったのは、時折、はさまれる、戦争とかかわりの深いエピソードの数々。
中国で、宋の時代に火薬が発明されて、それは、戦争とともに、発展を続けてきた。モンゴルが、元寇として、日本へ攻めてきた際、...
火薬は、鉄砲と呼ばれる、破壊音の大きい、武器として使用された。秀吉が、朝鮮半島へ、攻め込んだ時には、火矢として、朝鮮側の武器として、日本軍は、苦しめられて、それ以上は、攻め込むことはできなかった。それが、日本へ、持ち込まれて、花火の元となった。などなど、火薬から、ロケットが、作られたエピソードが織り込まれながら、戦争が、歴史を変えてきた様子も、紹介された。



第3回授業です

第3回授業です。

39名と予定を下回る出席でしたが、全員に満足頂けたと確信しています。

副島賢和先生(昭和大学病院内学級さいかち学級教論)による「自分も相手もたいせつにするかかわりに必要なこと」をテーマの授業でした。

クラウンの衣装でスタートした授業は学生を引きつけるに十分過ぎるほどでした。みんな、目を輝かして見入っていました。

途中では、ご飯が美味しいといい、おおきな声で笑えるといいのように「○○○~といい」を個人で考えたり、見方を変えるなど学校ではあまり勉強しない内容に保生徒はもちろん、保護者も勉強になったと思います。

事務局会議

4月第2回スタッフミーティング

4月第2回のスタッフミーティングを開催しました。

今日は会員として入会希望を持つ佐藤さんがオブザーバー参加しました。また、以前から入会をしたいと言っていた原さんが正式入会したとの報告もありました。

ミーティングの議題は2017年度の開催会場の予約状況説明と決定および学校ポストへの募集チラシのポスティング計画の二つでした。

いよいよ2017年のスタートです。

今年は、より多くの子どもに学ぶ機会を与えることを願って、募集人員数を100名へ増加しました。

その分、広報活動にもさらなる力を注ぎます。

2017年も頑張っていきます。

By Aki

4月最初の事務局会議

春とは思えないほどの寒さでしたが、4月最初の事務局会議を開催しました。

会議の主要テーマは2017年度のカリキュラムの検討です。

前回までの事務局会議で大筋を決めていましたので、今日は最終的な検討になりました。

その結果、第4回めの授業には落語を取り入れることを決めました。

また、中旬以降で開始する募集要項の最終決定も行い、100名の募集枠とすることを決定しました。

これで、募集用パンフレットの作成準備が整い、来週以降で印刷、配布活動に入ります。

2017年度も期待を裏切らない内容で開講できると確信しています。

By Aki

 

事務局会議の開催

事務局会議を開催しました。今日の議題は2017年度授業カリキュラムの検討です。予定している講座の講師依頼の進捗状況発表や予備の講座について意見交換しました。

また、募集学生数についても議論し、2016年を上回る募集学生数とすることで一致しました。これで、より多くの学生が学ぶことができるようになりました。

この後は募集パンフレットの作成、完成です。来月の10日以降から募集を始める予定です。

By Aki

3月初回の事務局会議

先日開催の第7回授業および卒業式&修了式の反省会がメインテーマでした。

細かいところではいくつかの反省点があったものの、保護者および学生のアンケートへの回答から判断してまずまずの一年だったとの結論に至りました。家族間での話題になったり、興味の幅が広がったとの回答もあり、運営委員としては満足できたとの結論に至りました。

2017年度は6月に第1回授業および始業式を開催し、年間で5回の授業を開催する予定です。

全体のカリキュラムはこれから決定し、4月の後半には入学案内を開始する予定です。

運営委員としてさらに内容を良くしていくと全員で確認しました。

By Aki

事務局会議

事務局会議を開催しました。

会議前には、学生から提出された2016年授業の感想文を印刷し、文集を作成しました。

会議の議題は25日に予定している卒業&修了式の時間割と運営体制の決定です。運営時の担当も決まりましたので、当日が楽しみです。

BY Aki

事務局会議

1月最終の事務局会議を開催しました。

先週行った第6回授業の反省および第7回授業運営が主要テーマでした。

第6回授業については、保護者および学生のアンケート結果から成功だったとの意見で一致しました。アンケート結果によれば、保護者の授業に対する満足度が高く、学生も他国の文化や言葉に興味を持ってもらえたと確信できます。

第7回授業の終了後、皆勤賞授与式や終了式等々のイベントを行います。また、学生に感想文の提出を依頼してあるので、次回ミーティングでは提出された感想文を印刷し、文集として製本することになりました。

なお、会員は2016年活動についての感想文を今月末までに提出することで意見が一致しました。

By Aki

2017年最初の事務局会議

あけましておめでとうございます。

2017年最初の事務局会議を開催しました。

議題は来週に迫りました2016年第6回授業の運営体制です。授業は2人の在日留学生が講師となり、それぞれの自己紹介、自国紹介を行います。

これまでとは違って、授業は2グループに分かれて進めます。そのため、運営サイドも2グループに分かれて、司会等々を担当します。留学生は教員としての専門家ではないので、如何にスムーズに進めるかがキーポイントとなりそうです。

この授業は単に他国の文化等を聴くだけではなく、学生に海外進出の夢や他国の人とのコミュニケーション意欲をもってもらうことが狙いです。

つまり、世界のグローバリゼーションについていける人材の育成です。

学校では味わえない子ども大学の楽しさを満喫してもらえるように頑張ります。

By Aki

事務局会議

第5回授業の反省会を主要議題とする事務局会議を開催しました。

出席者は5名と少なかったが、熱心に活発な議論をしました。

第5回授業は生菓子を使ったバザールゲームでしたが、授業中の学生の明るい表情に加えて活発な意見の出し合いなどから満足した授業だったとの意見で一致しました。

保護者アンケート結果でも、満足度(5点満点)は4.5点と高く、特に4年生の保護者の満足度は4.7点と高くなっています。

ただし、会場の問題や会場内案内については反省点もあり、今後の活動の参考にしなければならないとの意見で一致しました。

反省の後は1月、2月授業について検討し、最後は2017年計画について議論しました。

1月授業は来日留学生2名による国際理解促進をテーマとした授業です。

次回も元気で明るい表情での受講を楽しみにしています。

By Aki

11月最初の事務局会議の開催

11月最初の事務局会議を開催しました。

議題は次回授業の運営体制の決定、1月授業内容および2017年度実施講座の検討でした。

次回は13日(日)横浜商科大学においてバザールゲームを中心とした授業です。この授業の目的は「あきない」や「商売」ということに関心を持ってもらうことです。なお、最大の問題は駅からの道です。そのため、スタッフの大部分は経路案内として要所、要所に立つことになります。

1月授業は2人の留学生による45分講義を中心とすることで一致しました。

2017年の実施講座については6~7講座に絞りこみを終えました。また、募集要項等についても議論しました。1月末までには予定している5講座を決定することになりました。

By Aki

 

定例事務局会議

定例の事務局会議を開催しました。

議題は11月授業内容および次年度講座の決定です。

11月授業は「バザールゲームin横浜商科大学」です。授業の狙いは、商材の販売を通じて、商品の売り方の工夫です。10チームに分かれてPOPを作成したり、接客したりで、以下に売り上げを稼ぐかを競います。ある意味でマーケティングの基礎的な授業となります。

来年度の講座は今回の議論をはじめとして、これから、議論を重ねて決定することになりました。

また、1月の授業は異文化理解教育プログラムに沿って行うことを決定しました。

いづれも、大いに期待できる内容になると確信できました。

 By Aki

9月最後の事務局会議を開催

9月最後の事務局会議を開催しました。出席者は8人と平日開催にしては多かった。

議題は来年1月の授業内容の決定です。生き方学として、日本にやってきた外国人との触れ合い、直に話す体験を通して、日本以外の国や異なる文化に興味をもつきっかけを作ることです。

今日のミーティングで留学生による自己紹介、自国紹介を第1部とし、後半の2部は学生が留学生に質問を投げかけ、留学生とその母国の紹介を作成する内容に決まりました。授業内容も定まりましたので、これから、留学生集めに入ります。

By Aki

事務局会議

秋雨前線の影響で強い雨が降る中、事務局会議を開催しました。通常は土曜日開催ですが、今回は金曜日開催で、出席者は5人と少ない状況でした。

議案は、1月の授業内容についてです。事務局メンバーから提案のあった2つの企画について議論しました。

グローバル社会への対応力をつけてもらい、グローバル化への挑戦という夢を持ってもらうことが授業テーマとなりました。

授業の内容は、横浜に在住の留学生による、自己および自国の紹介を一部とし、2部は5人程度のグループに分かれ、留学生との対話です。

議論の結果、一応の授業内容が決まりましたので、これからは留学生集めの活動になります。他国と日本の違いを見つけ出したり、外国人にも物おじしないで対話できるコミュニケーション能力に興味を持ってもらえるような授業にしたいと思います。

By Aki

9月最初の事務局会議

9月最初の事務局会議を開催しました。

出席者は6名と少なかったものの、先週の第4回授業の反省を主議題に行いました。授業運営に関して、受付、案内、会場設営等々細部に渡って議論しました。大きな問題はなかったものの、当日の役割の決定は早めにすべきとか、ロボットの体験時間の設定など今後の運営には改善すべき点が挙げられました。

授業内容に関しては保護者、学生のアンケートへの回答から判断して、満足してもらったものと推測できます。

反省以外では、今後のスケジュール等を議論しました。

By Aki

8月最後の事務局会議

8月最後のミーティングを開催しました。今日は11名の参加でした。

来週の土曜日に2016年第4回授業が予定されていますので、当日の役割等事前準備が主要テーマでした。

第4回授業はロボットに関する講義ということで、多くの学生の出席が見込まれます。

議論の結果、ロボットの搬入や会場作りに時間がかかると思われるので、集合時間を11時に繰り上げました。また、当日のアンケートについて議論しました。

残り時間は、来年1月に予定されている講座についての議論でした。結論は出なかったが、たたき台を作成することになりました。

By Aki

7月最後の事務局会議

7月最後の事務局会議を開催しました。

今日は会員以外の2人のサポーターが参加してくれました。

議題は来週に迫った2016年第3回目授業運営の細部の決定および担当業務の決定です。

これまでの報告では、授業当日に事務局の欠席者が多いとなっていましたが、保護者のサポーター2名、会員の関係者サポーター2名が手伝ってくれることになりました。これで運営体制も問題無くなりました。

ただ、現時点における出席予定の学生数が少なく、保護者との連絡等まだまだやることはあります。

今回も楽しい授業を目指して頑張ります。

By Aki

事務局会議の開催

7月第2回目の事務局会議を開催しました。

会議の議題は、先週の第2回授業の反省から始まり、8月授業のやり方、子ども大学よこはまの中長期計画の進め方等々でした。

第2回授業の反省では、学生へのアンケート調査結果によれば、体験・見学は目的を達したレベルと考えられる。約9割の学生がシルク博物館に興味をもってもらえたようです。反面、受付開始等慌てた部分があったので、次回以降では集合時間を繰り上げることとしました。

次回授業テーマは「横浜の交通について」で、準備する資料も多く、これからスピードアップして準備に入ります。

また、中長期計画は提出された内容をまとめ、理事会にあげることとしました。理事会で一応の方向を決めた後、事務局で議論会を開催する方向で考えています。

次回の事務局会議は7月の最終土曜日となります。

By Aki

7月最初の事務局会議

7月最初の事務局会議を開催しました。出席人数は8名でした。

主要テーマは来週に開催を控えた第2回授業の事前調整および準備でした。

第2回はシルク博物館での開催となります。授業の後半では体験学習があるので、学生をA,Bの2グループに分けることに決まりました。

主要テーマ以外では残りの体験学習に関し、その内容等を議論しました。16日の事務局会議で再度議論する予定です。

By Aki

事務局会議の開催

事務局会議を開催しました。

主要議題は先週の入学式・第1回授業の運営の反省です。受付や授業内容等々概ね良好だったとの意見が大半でした。

但し、欠席者が多かったので今後の対応を再考する必要があります。

主要議題に加えて、7月および8月授業への対応についても少し議論しました。

最後の議論は子ども大学よこはまの5年、10年後に向けての中長期計画の立案を議論しました。授業内容等を含めて、更なる発展を目指して組織等のあり方の議論です。

By Aki

事務局会議

事務局会議を開催しました。

(1)2016年度学生募集の応募締め切りを終え、定員を上回った事から抽選での決定となりました。この結果、抽選で入学できなくなった応募者へのサポートを如何に行うかを議論しました。色々な生き方を学びたいと欲する児童へチャンスを作ってやりたいという基本的考えは全員一致しました。

こうした議論から抽選に外れた児童には授業の会場問題が起こらない初回と7回目は受講できる道を開くこととしました。

(2)5月28日に予定している総会の進め方について議論しました。会員同士のコミュニケーションの促進に向けて、総会終了後、意見交換会および懇親会を開催することとなりました。

By Aki

 

 

4月最初の事務局会議

4月に入り、春の陽気で満開だった桜も散り始めましたが、4月最初の事務局会議を開催しました。

出席者人数は7名でした。

今日の主要議題は2016年度事業計画です。事業計画の基本となる授業カリキュラムについて内田事務局長から進捗状況の説明がありました。また、シルク博物館を訪問し、講義依頼された入澤および木下の両会員から状況説明がありました。

授業内容が100%決定したわけではありませんが、これらの情報を使って、新入生募集活動を開始することを決定しました。

いよいよ、2年目のスタートを切ることになりました。

By Aki