※『学生・保護者専用ページ』は、本年度入学の学生および保護者へ向けたお知らせ専用ページです。

   当ページに入るには、画像またはタイトルをクリックした後に表示される「パスワード保護領域」の画面において、事前にお知らせしたパスワードを入力し、

  ログインしてください。(パスワード保護領域の画面が表示されなかった場合は、すでにログイン済ですので、パスワードの入力は必要ありません。)


<お知らせ>

  8.30 2022年度 第2回授業の<授業報告>をアップしました。 

  7.1   2022年度 入学式・第1回授業の<授業報告>をアップしました。  

  5.1   新規学生の申込みを締め切りました。

  4.15 2021年度 第5回授業・修了式の<授業報告>をアップしました。

  4.11   2022年度の授業スケジュールの日程・会場の一部が変更になりました。

     授業スケジュールをご覧ください。

      4.1   2022年度 新規学生の申込み受付を開始しました。(4月30日締め切り)

     入学のご案内をご覧ください。


<2022年度 授業報告>

    第2回授業 「薬の作用と正しい使い方を学ぼう」

   8月7日(日)14:00~16:00  横浜市立大学カメリアホール(横浜市金沢区)

   講師:木津 純子(きづ じゅんこ)先生

    (前慶應義塾大学薬学部教授、薬学共用試験センター、薬剤師)

 

  第2回授業は、病気やケガの時にだれもがお世話になったことのある「薬」について勉強しました。

  長年病院の薬剤部に勤務し、大学で教壇にも立ってきた木津純子先生が、薬剤師の仕事の実際を紹介

  しながら、薬とはどんなものか、どう使えばいいのかについて、わかりやすく講義してくれました。

  授業の後半では実習の時間が用意され、全員で粉薬を包む薬包紙の正しい折り方に挑戦、コロナ禍で

  手放せなくなったマスクの効果的な付け方も学びました。授業後に行った学生アンケートでは「新し

              い薬をつくる大変さを初めて知った」「薬の飲み方を間違えないようにすることが大事だと分かっ

              た」などの感想に混じって、薬剤師という職業に関心を寄せる声が目立ちました。

              (授業内容へ→) 

    入学式・第1回授業 「国際医療協力のおはなし」

   6月12日(日)14:00~16:30  横浜市立大学カメリアホール(横浜市金沢区)

   講師:子ども大学よこはま 学長 榊原 洋一先生

    (チャイルドリサーチネット所長、お茶の水女子大学名誉教授、日本子ども学会理事長、医学博士)

 

  開校8年目の今年は、横浜市内外48の小学校から4年生27人、5年生31人、6年生35人の計93人が入

              学。この日は81人が出席しました。

               22年度の幕開けの授業は、学長の榊原洋一先生による「国際医療協力のおはなし」。パキスタンや

              ネパール、ガーナなど、先生が実際に医療協力で訪れた国々の医療の実情を写真やエピソードを振り

              返りながら学び、本当の国際協力のためにどんな支援が必要なのかについて考えました。

                                                  (授業内容へ→) 

<2021年度授業報告>

    第1回授業 「ウィルスとワクチン」

   6月6日(日)14:00~16:00  Zoom (オンライン)

   講師:子ども大学よこはま 学長 榊原 洋一先生

    (チャイルドリサーチネット所長、お茶の水女子大学名誉教授、日本子ども学会理事長、医学博士)

 

  今、世界中で悩まされ続ける新型コロナウィルスについて、どれくらい知っているかな?

  子ども大学よこはまの学長で、子どものお医者さんでもある榊原洋一先生の授業は、 

  「ウィルスとワクチン」というタイトルで、今一番知りたい話題にせまった内容でした。

  オンラインでのクイズや図を使ったわかりやすい講義で、質問も次々チャットに書き込まれ

                  ました。(授業内容へ→) 

  第2回授業 「原三溪さんを知ろう!~いまも横浜に生きている~」

   7月11日(日)14:00~16:00  Zoom(オンライン)

   講師:猿渡 紀代子(さわたり きよこ)先生

           (原三溪市民研究会 顧問)   

 

       第一章 原三溪さんの人生と仕事

       第二章 原三溪さんがつくった三溪園

       第三章 原三溪さんと美術コレクション~日本画など~

       

               1868年8月22日に、岐阜県岐阜市の豪農の長男として生まれた青木富太郎(あおきとみたろう)

               さん。のちに『原三溪(はらさんけい)』というお名前で知られることになります。

               その原三溪さんを知ろう!(授業内容へ→)

   第3回授業 「南極から ちきゅう を観る

     9月26日(日)14:00~16:00  Zoom (オンライン)

   講師:永延 幹男(ながのぶ みきお)先生 (自然哲学者)

 

  地球はいま悲鳴を上げています。二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの濃度が高まって地球の

  表面温度が上がり、その影響で生態系が乱れ、海面が上昇し、異常気象が多発しているのです。

              地球に暮らす私たちにとってもっとも深刻で、かつ身近な問題です。第3回の授業は、南極海で

              生物資源の調査研究を続けておられる永延先生をお迎えし、南極の自然環境の変化について、

              たくさんの写真や図表もまじえてわかりやすく教えて頂きました。南極を観察することで地球全体

              の環境が直面している課題がよく見えてきました。そして地球を救うために自分たちに何ができる

              のか、そのヒントを少し見つけることもできました。(授業内容へ→)

   第4回授業 「落語の世界~想像力とコミュニケーション~

     11月13日(土)14:00~16:30  横浜市立大学カメリアホール(横浜市金沢区)

   講師:立川 晴の輔(たてかわ はれのすけ)先生 (落語立川流 立川志の輔一門)

 

  第4回授業は、新型コロナウィルスの感染が落ち着いたことを受け、今年度初めて対面形式で行われ

  ました。

  講師にお迎えしたのは落語家の立川 晴の輔先生。出囃子(でばやし)に乗って登場し、教壇ならぬ

  高座(こうざ)から、落語の醍醐味や楽しみ方について解説しました。学生たちは開始早々から軽妙

  な語り口に引き込まれ、本格的な古典落語の実演や質疑応答の掛け合いを交えながら進められる授業

  に目も耳も釘付けに。会場は終始大きな笑い声に包まれました。授業内容へ→

  入学式

 

   2021年度の入学式が、11月13日、横浜市立大金沢八景キャンパスのカメリアホールで開催さ

  れました。今年度は新型コロナウィルス感染症の影響でここまで3回の授業をオンラインで

  行ってきましたが、感染拡大が落ち着いたため、第4回授業に合わせ一堂に会して開催しまし

  た。

            

  第5回授業 「脳外科医になったら~脳神経のしくみと病気、手術のお話~

   3月5日(土)14:00~16:30  横浜市立大学カメリアホール(横浜市金沢区)

   講師:山本 哲哉(やまもと てつや)先生 (横浜市立大脳神経外科学主任教授・同大附属病院副病院長

 

   2021年度最後の授業は、脳外科医の仕事について学びました。病院には対象とする患者や身体

   の部位、病気・けがの種類によってさまざまな診療科が置かれていますが、山本先生の専門は脳神

   経外科。脳・脊髄(せきずい)・神経を診断し治療する診療科で、脳卒中などの脳血管障害、頭部

   外傷、脳腫瘍(のうしゅよう)などの診察や手術を行っています。

     この日の授業では、学生たち自らが“医師”になり、山本先生の指導のもとで神経の障害を調べる検 

     査の実習を行い、患者の症状から病気の原因を探る“診断”にも挑戦しました。(授業内容へ→)  

   修了式

 

    子ども大学よこはまの2021年度修了式が3月5日、第5回授業終了後に行われ、1年間の学び

    をまっとうした7期生45人に修了証が授与されました。

 



<お問い合わせいただく皆様へ>

メールやHPのお問い合わせフォーマットからご連絡いただいた方で、
3日経っても事務局より連絡がない場合は、恐れ入りますが、お電話にてご連絡ください。


連絡先のメールにお送りしても戻ってきてしまう、といったケースが発生しております。

携帯のメールは、PCメールが受信できるよう設定をご確認ください。 


Facebookも見てね!


会員専用ページはこちらをクリックしてください。⇒ 会員専用ページへ